ドローン操縦士に新たな制限:プライバシー保護を目指すバーモント州の法案

Legislation Targets Drone Surveillance Over Private Property

In バーモント州, lawmakers are discussing a new bill that would restrict drone usage over private property in an effort to protect homeowner privacy. The proposed legislation, known as H.284, would prohibit flying drones less than 100 feet above private property without the consent of the property owner, reports Vermont Biz.

The bill's sponsors, Rep. Josie Leavitt (D-Grand Isle) and Rep. Michael Morgan (R-West Milton), say the measure was prompted by concerns from a constituent who reported a drone frequently hovering over their home while their daughter was sunbathing.

“Hovering over someone's house technically qualifies as stalking,” Leavitt said. “The goal of the bill is to protect the privacy of homeowners, a concern that came up recently in talks with constituents.”

Under the proposed law, drone operators would also be prohibited from using their devices to record privately owned property with the intent of conducting surveillance – defined as observing someone or something with enough clarity to identify their identity, habits, movements, or unique features.

Violators would face fines of $50 for a first offense and $250 for any subsequent offenses. Drone sellers would also be required to notify buyers about the new restrictions.

While most drone owners in are “respectful and courteous” with their hobby, according to Leavitt, some are concerned that the bill's specifics are too arbitrary. Steve Mermelstein, a photographer and founder of the Vermont Drone services group, believes the 100-foot altitude limit is unrealistic.

“They have to be within 20 to 30 feet to really make that person stop looking like an ant and be able to identify them, let alone really have a clear image of them,” Mermelstein said. “The drones that are available to consumers… just don't have that zoom capability that you see on TV or you see in fiction.”

Despite these concerns, legislators supporting the bill believe regulation is necessary to help homeowners feel safe. While have said it would be hard to regulate airspace, they would “have no problem regulating creepy behavior,” Leavitt noted.

“The thing that's most important about this bill is to just gently remind drone operators that they need to respect private property,” she said.


DroneXLをもっと見る

購読すると最新の投稿がメールで送信されます。

声を届ける

提案されている法案は、楽しみ、仕事、安全のためにドローンを使用するあなたの能力を脅かす。その ドローン擁護同盟 私たちと一緒に、あなたの選挙で選ばれた議員に、空を飛ぶ権利を守るよう訴えましょう。

ドローン擁護同盟
今すぐ行動を起こす
Google Newsでフォローしてください!

パート107証明書の取得

テストに合格して、空へ飛び立とう。 パイロット・インスティテュート.私たちは、何千人もの人々が飛行機や商業ドローンパイロットになるのを助けてきました。私たちのコースは、FAAのテストに合格し、あなたの夢を達成するために、業界の専門家によって設計されています。

パイロット・インスティチュート・ドローネクスル

著作権©DroneXL.co 2024。無断複写・転載を禁じます。本ウェブサイト上のコンテンツ、画像、知的財産は著作権法により保護されています。DroneXL.coの書面による事前の許可なく、複製または配布することは固く禁じられています。許可およびお問い合わせ先 お問い合わせ 第一に

FTC:DroneXL.coはAmazonアソシエイトであり、対象となる購入から収入を得ることができるアフィリエイトリンクを使用しています。私たちは、あなたの電子メールを販売、共有、貸し出し、またはスパムはありません。

ヘイ・ケステルー
ヘイ・ケステルー

の編集長兼創設者である。 DroneXL.coドローン関連のニュース、DJIの噂、ドローンのレビューを執筆している。 EVXL.co電気自動車に関連するすべてのニュースを提供。の共同司会者でもある。 PiXLドローンショー をYouTubeやその他のポッドキャスト・プラットフォームで配信している。ヘイへの連絡先: haye @ dronexl.co または hayekesteloo.

記事本文: 3764

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

jaJapanese