NASA Approves Dragonfly Mission to Explore Saturn’s Moon Titan

has given the green light to the Dragonfly mission, a groundbreaking project that will send a car-sized, nuclear-powered drone to explore Saturn's moon Titan. The decision 伝えられるところによれば allows the mission to proceed with final design, construction, and testing of the spacecraft and its scientific instruments.

Mission Details

The Dragonfly mission, led by Johns Hopkins University Applied Physics Laboratory, aims to investigate the prebiotic chemical processes that may have been common on both Titan and Earth before the development of life. The drone, dubbed a “rotorcraft,” will feature eight rotors and will be launched towards Saturn in July 2028, with an expected arrival on Titan in 2034.

NASA's authorization of the Dragonfly mission comes with a total lifecycle cost of $3.35 billion, a significant increase from the original estimate due to the COVID-19 pandemic, supply chain issues, and the results of an in-depth design iteration. Despite the increased cost and delayed launch date, NASA has provided additional funding for a heavy-lift launch vehicle to ensure the craft reaches Titan on schedule.

Exploring Titan

Titan, one of Saturn's moons, has long been a subject of interest for scientists due to its potential to harbor liquid water and organic materials necessary for supporting life. The Dragonfly mission aims to shed light on the moon's unique environment and its similarities to early Earth.

Once the rotorcraft lands on Titan, it will fly to numerous promising locations, collecting data and analyzing the moon's composition to better understand the prebiotic chemical processes that may have occurred there.

The Dragonfly mission represents a significant milestone in NASA's exploration of our solar system and the search for signs of life beyond Earth. With its innovative design and advanced scientific instruments, the rotorcraft drone will provide unprecedented insights into Titan's environment and its potential to support life. As the mission progresses through its final design and construction phases, the scientific community and the public alike eagerly await the discoveries that Dragonfly will unveil upon its arrival on Saturn's enigmatic moon.

Illustration courtesy of NASA.


DroneXLをもっと見る

購読すると最新の投稿がメールで送信されます。

声を届ける

提案されている法案は、楽しみ、仕事、安全のためにドローンを使用するあなたの能力を脅かす。その ドローン擁護同盟 私たちと一緒に、あなたの選挙で選ばれた議員に、空を飛ぶ権利を守るよう訴えましょう。

ドローン擁護同盟
今すぐ行動を起こす
Google Newsでフォローしてください!

パート107証明書の取得

テストに合格して、空へ飛び立とう。 パイロット・インスティテュート.私たちは、何千人もの人々が飛行機や商業ドローンパイロットになるのを助けてきました。私たちのコースは、FAAのテストに合格し、あなたの夢を達成するために、業界の専門家によって設計されています。

パイロット・インスティチュート・ドローネクスル

著作権©DroneXL.co 2024。無断複写・転載を禁じます。本ウェブサイト上のコンテンツ、画像、知的財産は著作権法により保護されています。DroneXL.coの書面による事前の許可なく、複製または配布することは固く禁じられています。許可およびお問い合わせ先 お問い合わせ 第一に

FTC:DroneXL.coはAmazonアソシエイトであり、対象となる購入から収入を得ることができるアフィリエイトリンクを使用しています。私たちは、あなたの電子メールを販売、共有、貸し出し、またはスパムはありません。

ヘイ・ケステルー
ヘイ・ケステルー

の編集長兼創設者である。 DroneXL.coドローン関連のニュース、DJIの噂、ドローンのレビューを執筆している。 EVXL.co電気自動車に関連するすべてのニュースを提供。の共同司会者でもある。 PiXLドローンショー をYouTubeやその他のポッドキャスト・プラットフォームで配信している。ヘイへの連絡先: haye @ dronexl.co または hayekesteloo.

記事本文: 3759

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

jaJapanese